下肢静脈瘤が起こる原因

足の血管がボコボコと浮き出て見える下肢静脈瘤。男性よりも女性が発症することが多い病気ですが、下肢静脈瘤の症状ゆえに見た目が気になり憂鬱な日々を送っている女性も少なくないかもしれません。一刻も早く治したい方、放置しているとどんどん進行してしまうので下肢静脈瘤なら病院へ行くことをおすすめします。

そもそも下肢静脈瘤はなぜ起こるのでしょうか。その原因をご説明致します。私たちのからには動脈と静脈の二種類の血管があります。動脈は心臓から送り出された血液を体の隅々まで届ける役割を果たします。動脈は心臓の血液を送り出す力で全身に血液を届けることができます。

静脈は体の隅々の血管から血液を心臓に送り返す働きをします。静脈は私たちの呼吸の力で徐々に血液を心臓へと運んでいきます。また、足の筋力がポンプの働きをして、静脈の血液が流れやすいように助けます。

重力に逆らって血液を運ばなければいけない静脈には、静脈弁と呼ばれる血液の逆流を防ぐ弁があります。その弁が正常に働いているうちは静脈瘤ができることはありません。しかし、何らかの原因で静脈弁が壊れてしまうと、血液が逆流し、足の静脈に血液を溜めてしまいコブ状の静脈瘤ができてしまいます。

静脈瘤の症状には足がつる、足がむくむ、足がだるい、足が痛い、足がかゆい、足が疲れやすい、皮膚に色素沈着がある、足の皮膚が硬い、足の皮膚に潰瘍があるといったものが挙げられます。

また、下肢静脈瘤は加齢と共に発症しやすくなりますし、足の筋力の低下や妊娠・出産の経験、立ち仕事が多い職業などが原因で発症しやすい病気です。これらの傾向がある方は、下肢静脈瘤の予防を心がけましょう。

Copyright © 下肢静脈瘤はなぜ起こる. All rights reserved.